忍者ブログ

思い

悲しい日が暮れる時不期だった

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

悲しい日が暮れる時不期だった



家宅侵入の清风を愁ページをめくっている;窓と隣接し、ぱっぱっと振って酒を存続千杯飲んだ。风(かぜ)から、宜希代の走者にも、かけない一種の真中ふうかん痩せた月が含まれ、愁北雁寒い心のやら王賜豪醫生

先月、忍故に庭蔽え陌上花だ。物寂しいの夜の跡——无限の感伤的になると思っている。もはや基準で一時温情をはさむ几多(おわり散,」間、仕方の渋い辛酸にこり喷薄酔っぱらった指先で。

本に情が言及しなかっ老、言は一筆ドリームのまま空いている。深いの中で進められた。まるで冷艳という言叶がないうえ、私の心情で再解釈することができる。忘れたくらい、ついぞ感じた息をするのもは重苦しい)が痛(いた)ですか?思考のあまり、私から先に問題を提起すれば、疑問が提起されている昔のものも王賜豪總裁、疑問が提起されている自分だと思います。

私の味ではありませんて、一つ一つ见逃した人も、再開できる出会いでもなく、一粒はひどく怪我の心は皆、息を吹き返した。约束してはいないが、必要がない、風通りかかっ四季に花が咲き、通りかかっごとに1つの日暮明るさを、通りかかった生命の中の1段の起伏が、死の契闊だった。

北国で、このように、南国の往復を远く离れて、山の長水(风雨を私たちも一緒に歩いたことがあって。浮気をし歌台舞榭に広がります;情をつないで、最善を尽くしてくれた人はまだ吾輩曲だ。う余曲折の末、行商痛いよ、私たちもまちまちした軌跡をそんなならではのさんざめき、优柔とやさしさも、結果的にしかできない王賜豪總裁。このため並んでの思い出を苦しんでいた。

窓の外を见ました。月ひ弱修羅場と忧え悲しみます。同どのように管理され、その失梦を託すだったのだろうか。诗心酔入り込もう咏渋み、来客梦寒だった。会いたい织一よりを戻すことの梦を免除するあなたは无限の永泊無灯を导いて、あなたは免除が貧困の離散の中で無枝に近いことだ。ただ、梦の恋のは梦、易散割れやすいも易覚める。僕は黙って言わない沈黙が、春の花の香りが远く离れて、痩せた沈黙だけを見て、风の清ふりかえり闲だ。沈黙して、沈黙でlg火災の任涙……

やっと作酒を飲み、過ぎっ行か难癖教見つめよに詩を作った。グラスを傾け、夜押し寄せる柳三振ると、首を振っ凄然落ち一樽をしなければならない。昔、水のように迹残らずに、いくつかの悲しみと恨みを欲说还休だった。今、酒のような感情を引き立ちでいました。一時柔肠嘆い惜别千结び目で、寂しさは深くなったが、悲しい日が暮れる時不期だった。

縁は浮気を利用、紆余曲折の跡——両目ぼんやりして、こわそ疲れはてた。新愁落晩春、驚件で、重さは思い起こしかんのん。チラリと美しい思い出です。极目星高洁锦クラスタ、縦一弁暑いですから、确かに難のためのいくつかの招待状を送った。宝の持ち腐れだとしても、その源寝つく之费唇はあなた。

飞び出し、宵越しの云雨歳月に行って、いくらの时风着飾る愛情を持っており、几多(アン・ジェヨル月日与えなきゃ。手をのばして、しかも酒を飲み、哀調を捕まえて、ひったくるようにさせることは、ひたすらポット見つめよ飄々と夢の中で更にあなたに会うだけに、出会い道路はあなたとしみじみと目を合わせた。

そよ风を掠め、突然にひとしきりひとしきりそばにもなんだか感动を、まるでつめたい幽绝で見た、一筋の温かい光を放っていた。私の空想,追放、無言の时间で、私の目をギラつかせ、酒に愁肠だった。爱する人を美しくなったことも、人を忧え悲しみ、釈然としない思いを静める、やや余分な愛をくすぐっ一戦からだ。そして未来の因果だった。

远く离れて、風を送ってとして前尘として見つめよ水流の深さになった。人は非昨、ひとつの成非、顾影板。月白く风清、化一縷の想いからあなたの侧で、私は君に行ってみても、あなたの梦の中で、私は、あなたを离れてたにもかかわらず、目を覚ました。手をふると、风中の盾の颜に手をふると、これを削るような眷念だった。
PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

カテゴリー

P R