忍者ブログ

思い

労働者の皆様

労働者の皆様、毎日毎日お仕事ご苦労様です姻緣配對
これからもどうぞ私が生きるための納税活動頑張ってください。
公務員や東電、NHKのような公的な意味合いが強い企業が支出を削減しろと言われた時によく使われる言葉に優秀な人材を確保するために給料は高めに設定してあると言うものがあります。
まぁその考え自体わからなくはないです。
例えば警察官の給料が月5万円だったら今の日本の治安の良さはないでしょう。
でも、現実は給料を高くすることで集めた優秀な東電社員は次々に辞めてるそうじゃないですか。
会社がピンチになったら、それも自業自得でピンチになって多くの国民に迷惑をかけてる状態で逃げ出す社員が優秀なんですかね?
去年のことだったか、先生の給料か退職金が下がることになって卒業生を受け持っていた先生も含めて3月を待たずして辞めた先生がたくさんいましたよね如新集團
差額は確か100万ちょいくらいだったと記憶してますが生徒の卒業を見守るよりも100万円を選ぶ先生が優秀なんですかね?
ただ、私は逃げ出す東電社員や100万円を選ぶ先生を批判したいわけではありません。
ニートの私が言うのもなんですが、私でも恐らく同じことをするでしょう。
しかもですよ、給料が高いと言っても平均より5倍や10倍もらってるならわかりますけど、高くてもせいぜい平均の2倍くらいですよね?
しかも、民間企業と違って景気がものすごく良くなっても給料が数倍に上がったり、ボーナスが一気に増えるなんてことはないわけです。
何が言いたいかというとそもそも平均より2倍高いくらいの給料で私たちが考えるような優秀な人材は集まらない言うことです香港如新
私の知り合いにも何人か先生がいますけど待遇の良さで先生になった人は一人もいません。
もちろん安定してるからと言う理由もないことはないと思いますがそれをはるかに上回る先生になりたい理由がある人がほとんどです。
そんな彼らが優秀か?
優秀でないことは絶対に無い、ただし世間が認めるほど優秀とは言えないでしょう。
つまり、現在の優秀な人材を確保するために給料が高いという考え方は破綻してるというかほとんど機能してないと言えると思います。
となると考え方は二つに一つ。
機能していない考え方はやめて給料を少なくとも平均並みに下げるか、給料を上げてその職業になるための競争を煽って誰もが認める本当に優秀な人材を集めるかです。
もちろんお金の面以外にも優秀な人材を集める方法はあると思いますが今回はお金に限って書いてみました。
まぁただ、そもそものそもそもの話をすると優秀な人材ってそんなにたくさんいるんですかね?
そこらへんはニートの私より働いてる皆さんの方がより良い選択が出来そうですね。
最後まで読んでいただきありがとうございます。
下のバナーをポチっと応援よろしくお願いします。
PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

カテゴリー

P R